マンション売却の第一歩、それは不動産の一括査定サービスで買取価格の「相場」を知ることです。

MENU

マンションの価格帯を知る!不動産の無料一括査定サービス活用術

このページでは、不動産の売却査定サービスの利用方法についてアドバイスしています。
一括査定サービスはだいたいどこも同じような仕組みになってまして、
まずは売却予定物件の住所を入力します。

 

すると住所情報から、その地域に対応可能な不動産業者の候補が表示されるので、
あとは連絡先などのお客様情報を入力して、一括査定を依頼する、という流れです。

 

そのときに「査定方法」を選択するところがあるんですが、
まずは「訪問査定」ではなく、「簡単査定」や「机上査定」を選びます。
なぜなら、なるべくたくさんの不動産会社の「候補」を知りたいからです。

 

それにいきなり「査定訪問」というのも、
ちょっと抵抗があると思いますし。

 

 

 

ネットを使ってマンション売却査定サービスを利用するメリットは、
売却を予定しているマンションの、おおよその販売価格(目安になる価格帯)がわかる、
というのと、あとは、仲介を依頼する不動産業者をピックアップできることです。

 

はじめはどんな不動産屋があるのかも分かりませんし、
どういう対応をしてくるのか?すべて未経験ですから、
業者の当りをつける、候補を増やすというのがファーストステップです。

 

 

 

ですから、複数の査定サービスを利用するのも重要です。
ためしにいくつかのサービスで売却物件の住所だけ入力してみると分かると思いますが、
一括査定サービスといっても、そこに登録している不動産会社はそれぞれ違います。

 

なので選択肢を増やす段階では、
なるべくたくさんの業者に簡易査定してもらったほうがいいでしょう。

 

 

そのあとメール、もしくは電話で簡単査定の結果を教えてくれます。
これはあくまでも参考価格ということになりますが、それでいいんです。
それでも自分のマンションが売れるであろう、おおよその価格帯は分かりますから。

 

またほとんどはメールで返事が来る場合が多いかと思いますが、
その査定結果やメールの文面などから、お願いする業者の目星をつけていきます。
感触のいい業者、印象のいい不動産会社を選別するんですね。

 

 

査定金額に釣られないのも大事なポイントです。
もちろん売却する側からしたら高い値段をつけてくれた方が嬉しいに決まってますが、
実際にその金額で売れるかどうか?というのは全くの別問題です。

 

ですから、一番高い金額を付けてくれたから〜なんて安易に決めずに、
簡易査定ではあくまでも売却予想額の価格帯を知るのと、
誠実な対応をしてくれそうな不動産会社を選ぶためだけに使います。

 

 

 

こうして不動産会社を絞り込んでいくわけですが、
つぎのステップでは、印象がいいところ「5社程度」を目安に、いよいよ「訪問査定」してもらいます。実際に見てもらわないと詳しい査定結果はわかりませんからね。

 

ここでは、マンションの査定金額はもちろん、
担当者の人柄や、どんな販売計画を持っているのか?
などを中心に見ていくといいでしょう。

 

そして訪問査定してもらった不動産屋の中から、
最終的には「3社ほど」に絞り込んで、媒介契約を結びます。
不動産業者との媒介契約については、あなたのご判断にお任せしますが、
私としては3社くらいを目安に、一般媒介契約を結ぶといいのではと思っております。